初めてコーヒーを飲んだのは、山羊?

ヤギ飼いの勇気と僧侶オマールのコーヒー発見!! コーヒーの歴史は、日本から遠くアラビアの地で、味わいを楽しむ飲み物としてではなく、実は薬として飲用されたのが始まりと言われています。15世紀末には、宗教上酒を禁じられていたイスラム教徒に嗜好品として飲用されるようになりました。 南米のイメージが強いコーヒーですが、南北アメリカ大陸にコーヒーが渡るのはずっと後のことです。 コーヒーの誕生…

続きを読む



アラジンのコーヒーってどんな香り?!

アラジンのコーヒーは魅惑的な香り?! 魔法のランプをこすると魔人が出てきて願いを叶えてくれるという『アラジンと魔法のランプ』。 物語の中に、ランプの精に助けられてお姫様と結婚したアラジンが、龍(竜)涎香(りゅうぜんこう)入りのコーヒーを飲むシーンがあります。 龍(竜)涎香は、日本ではなかなか手に入らない香料で、マッコウクジラの腸内で自然に精製された結石が原料。石けんのような香りで、楊貴…

続きを読む



「珈琲」という漢字を最初に考案した人って ?!

「珈琲」という漢字を最初に考案した人って ?! 「可非」「可否」「黒炒豆」。 コーヒーの音に当てた漢字は数あれど、「珈琲」という漢字を日本で初めて考案したのは幕末の蘭学者、宇田川榕菴(うだがわようあん)だと言われています。 「コーヒー」が「珈琲」という漢字で表記された理由は、コーヒーの木の枝に実った赤い実の当時の女性が髪に飾っていた「かんざし」に似ていることから。珈」は髪に挿す花かんざ…

続きを読む



ギャルソンのエプロンはなぜ黒い ?!

ギャルソンのエプロンはなぜ黒い ?! 勤勉で頑丈なカラダを持つフランス・オーヴェルニュ出身の人々は、パリのアパルトマンの階段をのぼり、各家庭の戸口までセーヌ河の水を運ぶことを仕事としました。 次に彼らが手掛けた商売が炭のデリバリー。炭屋はストック場所を必要とするため、家賃の割安な裏通りに店を構えます。 その軒先で提供したのが1杯のコーヒー。炭屋の片手間で始まったコーヒーの立飲みスタ…

続きを読む



コーヒーと健康  コーヒーで下がる、脳卒中のリスク

コーヒーで下がる、脳卒中のリスク 脳の血管がつまったり破れたりして細胞が死んでしまう脳卒中。コーヒーを飲むことで発症リスクが低くなるという疫学研究が発表された 急に倒れて意識を失う、半身がマヒする、ろれつが回らなくなる……。このような発作が起きたら脳卒中を疑ったほうがいい。脳卒中とは、脳の血管がつまったり、あるいは破れたりして、その先に酸素や栄養が届かなくなり、脳細胞が死んでしまう病…

続きを読む