血栓をつくりにくくする?コーヒーの不思議な力

血栓をつくりにくくする?コーヒーの不思議な力

血のかたまりが血管に詰まってしまう血栓は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすやっかいものですが、
コーヒーにはこの血栓をつくりにくくする不思議な作用があるというのです。

最初から暗い話ですが、日本人の死因でガンに次いで多いのは心筋梗塞や脳梗塞といった心血管病です。
どちらも血管内に血栓という血のかたまりが詰まって起こる病気です。

健康だと思っていた人にある日突然、死をもたらす恐ろしい病、コーヒーにはその元凶となる血栓を
つくりにくくする働きがあることがわかったというのです。

世界の人々がガンよりも恐れている「心血管病」

日本人の死因の第1位はガンですが、欧米の人たちの死因で最も多いのは心血管病です。
これは酸素をたくさん必要とする心臓や脳などの特別な血管に血のかたまりが詰まってしまい、
組織に十分な酸素が行き渡らなくなって起きる病気です。

心臓に血液を送っている血管に血のかたまりが詰まると心筋梗塞になり、脳の場合は脳梗塞になる。
欧米だけでなく、世界的にも心疾患病が死因の第1位なのです。
つまり、日本人がガンを恐れるのと同じように、日本以外の国の人々は心血管病を恐れているのです。

日本人はガンになると大きなショックを受けます。したがって、ガンに効くといわれる食べ物にも
とても強い興味を抱きますね。
それと同じように、欧米の人たちにとってコーヒーが心筋梗塞や脳梗塞を多少なりとも予防できる
というニュースは、とても大きなインパクトがあるのです。
ですが、少し前までは「コーヒーは心筋梗塞になる確率を増やすのではないか」という疑いがあった ?

疫学的に明らかになったコーヒーと心筋梗塞の関係

心筋梗塞に罹った人のうち、コーヒーを飲んでいた人と飲んでいなかった人の数を単純に比較すると、
若くして心筋梗塞になった人は『コーヒーを飲んでいた人が多い』と言われていたんです。
なぜかというと、コーヒーだけでなくタバコを一緒に吸っていたからなんです。

最近の研究では「交絡因子」と呼ぶのですが、コーヒーならコーヒーの影響だけを取り出さなければ
いけない。タバコとコーヒーを一緒に観察すると悪影響を与えているように見えるが、
コーヒー単独ならどうなのかを考える必要があるからです。

コーヒーとタバコを分離した研究成果が「フラミンガム研究」で発表された。フラミンガム研究とは、
アメリカ・マサチューセッツ州ボストンの郊外にある人口3万人ほどの小さな町「フラミンガム」で
行われている心血管病に関する経年的で大規模な追跡調査のことです。

アメリカ政府は、この町の住民の健康状態を1948年から今日まで数十年間追い続けています。
なぜなら、政府は第二次世界大戦後に戦争で亡くなった人数よりも心筋梗塞で亡くなった人数の方が
多いという事実にショックを受けたからです。
そこで、心疾患病を研究してその対策を講じるために、最終的に心筋梗塞になる人、脳梗塞になる人、
どちらにもならない人に分けて、どのような生活を過ごしていた人が心筋梗塞になりやすいのかを
調べていきました。

その結果、「血圧が高い」「タバコを吸っている」「肥満である」「高脂血症がある」など、
心筋梗塞になりやすい因子がわかりました。
さらに、生活習慣の中でコーヒーとタバコを分離すると、コーヒーを飲んでいる人のほうが
心筋梗塞になりにくいことも明らかになったというのです。

フラミンガム研究の前は『コーヒーは心筋梗塞になりやすいみたいだけど、おいしいからね』
と飲んでいましたが、実はコーヒーには心筋梗塞の発症予防効果がありました。
その事実が疫学的に明らかになったので、発表されたときは大きな反響を呼びました。

c12b18

マウスを用いた実験で、コーヒーの効果を確認
カフェインではない!?予想外の実験結果
心筋梗塞の患者もコーヒーを飲んだほうがいい
心筋梗塞は朝に起こる。だから目覚めのコーヒーを

人間はストレスがかかると血が固まりやすくなります。
血のかたまりをつくりやすくする血小板は、交感神経が緊張したときに発生するカテコラミンと
いう物質を受けると反応性が高くなって、より大きな血のかたまりを短期間でつくりやすくなるのです。

理由は極めて合理的です。
古来、人間にストレスがかかるときは敵と戦う、もしくは猛獣と対決するという場面だった。
傷ついて出血する可能性が高い。だから止血しやすくするメカニズムがあるのです。

ですが、ストレスは概して体に悪い影響を及ぼすものです。

実は、朝起きたときがもっとも心筋梗塞になりやすいのです。
朝、昼、夜で比べたら圧倒的に朝が多い。
ゆっくりと休んでいた体を動かさなければならない目覚めが、人間にとって大きなストレスなのです。
だからこそ『朝起きたときにコーヒーを1杯飲む』という行為は道理にかなっています。
血のかたまりをつくりにくくすることにもつながるのですからね。

1日のはじまりにゆっくりと味わうコーヒー。
それが心筋梗塞の予防にもつながるのであれば、ぜひ毎朝の習慣にしたいものですね。

[* 交絡因子 *]
調べようとする因子以外の因子で、病気の発生に影響を与えるものを交絡因子といいます。
例えば、飲酒とがんの関連性を調べようとする場合、調べようとする因子(飲酒)以外の因子(喫煙など)ががんの発生率に影響を与えているかもしれません。このとき、喫煙が交絡因子に該当し、喫煙が調査に影響を与えないように、データを補正する必要があります。参照:交絡因子 - 東北電力

c13


[* カテコラミン *] 主な薬剤の説明
程度の大きな心筋梗塞では血圧が低下し心原性ショックを呈することがあります。 その際カテコラミンにより心収縮力を増加させ、また全身の血管を収縮させることにより臓器還流圧を上げ脳、腎臓などの重要臓器不全を防ぎます。 ドパミン、ドブタミン、ノルアドレナリンがあります。
参照:カテコラミン - Minds

2:http://coffee.ajca.or.jp/ :http://www.agf.co.jp/
:http://www.keycoffee.co.jp/ :http://www.ucc.jp/ :http://www.coffeeoligo.jp/

スポンサーリンク




この記事へのコメント