コーヒーと大腸ガン の関連性とは ?!

コーヒーと大腸ガン の関連性とは ?!

よく知られているように、日本人の死因でもっとも多いのは悪性新生物、いわゆるガンです。

かつては脳卒中で亡くなる人が多かったですが、1981年からガンは日本人の死亡原因の
第1位となりますした。
厚生労働省の「平成22(2010)年人口動態統計」によると、年間35万3000人あまりが
ガンによって死亡。死者数は前年よりも1万人近く増えている。
全死亡者に占める割合は29・5%で、およそ3割がガンで亡くなっているのです。
日本人がもっとも恐れる病気はガンであるといっても過言ではないのです。

c8c10


女性の死因第1位は、直腸や結腸の「大腸ガン」

私たち人間の身体は約60兆個の細胞で成り立っているのですが、細胞はそれぞれの役割を果たしつつ、
通常は一定の調和を保っている。しかし、たった1個の細胞が変化して異常な増殖をはじめた結果、
起きる病気がガンです。そしてそのようなガン細胞が無秩序に増え続けた末に、腫瘍ができ、
悪性化が進むにつれて臓器機能が衰えていく。さらに、ガン細胞は正常な周辺の組織に侵入したり、
血管やリンパ管を通って至るところに定着し、そこで増殖する「転移」という性質も持っているのです。

そのため、ガンは身体のあらゆるところで発生するのですが、どこにできるガンの死亡率が高いか、
ご存じでしょうか ?

ガンを部位別に見ると、以前は胃ガンによる死亡率がトップだった。ところがそれが徐々に減っていき、20年ほど前からは肺ガンが1位となる。2位は胃ガン。3位に肝臓ガン、4位に結腸ガン、
5位に膵臓ガンと続くのです。
ところが、結腸ガンに直腸ガンを加えた「大腸ガン」としてとらえなおすと、全体の3位に該当します。

男性と女性でも差異がありますが、2009年の調査によると女性の1位は大腸ガンです。
以下、2位に肺ガン、3位に胃ガン、4位に膵臓ガン、5位に乳ガンとなる。
女性にこれほど大腸ガンが多いという事実は、あまり知られていないかもしれません。
c9c11

コホート研究が明らかにしたリスク
疫学という研究分野での、コーヒーのとらえ方
「高山スタディ」でわかったコーヒーの大腸ガン抑制作用
ひとつの結果だけで言い切れない難しさ

疫学として証拠性が高いのは、タバコは吸わない、太らないように気をつける、なるべく運動する。
コーヒーについては、私は1日に2杯くらい飲む。糖尿病予防に効く、肥満防止にもよい。
おいしいコーヒーを飲むのは至福の時間です。それが大腸ガンの予防にもなるかもしれないとなれば、
これ以上幸せなことはない。しかし、ガンにならないためには、日ごろの食生活や生活習慣が
大事なので、心当たりのある方はご注意ください。

[* 疫学 *](えきがく、Epidemiology)
個人ではなく、集団を対象とした、疾病の秩序ある研究である。 疫学は、病気と怪我の頻度、そしてその分布に影響する因子を対象とする。 ただし、「集団を対象にする秩序ある研究」という部分以外については諸説あり、国際的な合意は得られていない。
参照:疫学 - Wikipedia

2:http://coffee.ajca.or.jp/ :http://www.agf.co.jp/
:http://www.keycoffee.co.jp/ :http://www.ucc.jp/ :http://www.coffeeoligo.jp/
出典:厚生労働省「平成22年 人口動態統計月報年計(概数)の概況」
出典:財団法人 がん研究振興財団「がんの統計」(2010年版)

スポンサーリンク




この記事へのコメント