コーヒーを飲むと糖尿病になりにくい ?!

コーヒーを飲むと糖尿病になりにくい ?!

日本で増えている糖尿病患者。放置しておくと恐ろしいことになるが、どうやらコーヒーには糖尿病を
予防する効果があるそうです。

糖尿病は現代病の1つとして恐れられている。糖尿病にはいくつかのタイプがあるが、その95%は
食べ過ぎや運動不足といった生活習慣が関係する「2型糖尿病」。

これは日本人に限ったことではない。
日本を含む先進国だけでなく、アジアやアフリカの途上国でも深刻な事態となっている。

国際糖尿病連合の報告によると、成人(20~79歳)における世界の糖尿病人口は2011年現在で
約3億6600万人。成人人口の約8.3%が糖尿病と推定されています。
この数は今後も増えつづけ、2030年には約5億5200万人に達するといい。
これは成人の10人に1人が糖尿病になる割合になります。(約9.9%)

糖尿病人口上位3か国は第1位が中国、第2位がインド、第3位がアメリカ(図1)。2030年になっても
この順位は変わらないものの、特に中国とインドでは糖尿病が爆発的に増加すると予測されています。

b49b48


日本人の死因の第1位である悪性新生物(がん)の35万7305人や、第2位の心疾患(19万4926人)、
第3位の肺炎(12万4749人)に比べれば数としては多くない。しかし、実際には糖尿病(高血糖)や
高血圧による悪影響で心疾患や脳血管疾患となるケースが多いそうです。

しかも、健康診断で血糖値が高いという結果が出ても、初期は痛みなどの自覚症状がないため、
放置している人が多い。だが、糖尿病を放っておくと合併症を発症するリスクがあります。

人工透析が必要となる「糖尿病性腎症」、視力が弱まり失明の恐れもある「糖尿病性網膜症」、
手足がしびれたり筋肉が萎縮するなどの「糖尿病性神経障害」などが合併症です。

ただし、これらの合併症は予防できる。仮に糖尿病になったとしても、血糖値が高い状態が
5~10年つづかなければ合併症には至らないとのこと。

さらに「2型糖尿病」ならば、食事や運動といった生活習慣に注意してさえいれば、
その発症自体を抑えることができるというのです。

「負荷後2時間血糖値」が糖尿病判定のカギ
より厳密な結果を求めて「介入研究」を実施
世界的にも例がない16週間におよぶ試験
コーヒーを飲む習慣が糖尿病を予防する

糖尿病を予防するために効果が大きいのは食事と運動。
それがもっとも重要であることは変わりません。
ですから『コーヒーには軽度の効果はある』というくらいです。
コーヒーは1日に3~4杯飲むことをお勧めです。

糖尿病は恐ろしい病気だが予防はできる。
ならば、食事と運動に気をつけて、その合間にコーヒーを楽しむ。
それが健康で長生きするための1つのライフスタイルといえそうです。

2:http://coffee.ajca.or.jp/ :http://www.agf.co.jp/
:http://www.keycoffee.co.jp/ :http://www.ucc.jp/ :http://www.coffeeoligo.jp/

スポンサーリンク




この記事へのコメント