コーヒーと胃潰瘍・・・関連は ?!

コーヒーと胃潰瘍・・・関連は認められない ?!

「コーヒーは胃潰瘍に悪い影響を及ぼす」という説がある。ほんとうにそうなのか?

『吾輩は猫である』『坊ちゃん』などで有名な文豪、夏目漱石が命を落としたのは、胃潰瘍による
出血だったことは広く知られている。
このように胃・十二指腸潰瘍は、長らく我が国の国民病の1つでした。

 胃潰瘍は極度の緊張、あるいは肉親が亡くなるといった深い悲しみなど強いストレスがかかり、
それが自律神経を介して胃酸の分泌を高めることが大きな原因です。
胃酸が濃くなりすぎると内部のバランスが崩れて、胃の粘膜が消化されて潰瘍になるのです。

 潰瘍のない人でも、ストレスを受けると同じメカニズムで胃が痛くなることが知られています。

人類が生き延びるために、胃酸には殺菌作用がある。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、進行すればがんになるわけではないので、今は良性疾患と呼ばれている。
しかし、強い痛みを伴ううえ、胃に穴が開くこともあるし、夏目漱石のように潰瘍からの出血で
命を落とす人も昔は少なくなかった。これは胃酸の分泌を抑える薬がなかったからです。

死に至る疾患ではなくなったのは、薬が開発された戦後のことです。

薬によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患う人が減っているのとは対照的に、近年増えている消化管の
疾患がある。「逆流性食道炎」と「非びらん性胃食道逆流症」です。

b46b47

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流し、粘膜にびらん(傷、ただれ)や炎症を
起こすもの。
非びらん性胃食道逆流症は、胃カメラなどの内視鏡で異常はみつからないものの、強い酸を伴った
胃の内容物が食道に逆流して胸やけなどの不快感を覚えるものである。
両疾患は胃潰瘍、十二指腸潰瘍とともに「酸関連疾患」と呼ばれています。

ならば、これらの疾患をもたらす胃酸とは、人間にとってどのような役割を果たしているのか。

胃酸の役割は「殺菌」だといいます。

胃酸はph1~2という強い酸度をもっていますが、それは口から食べたものについているさまざまな
雑菌、ばい菌を殺すためです。

人類は生まれてからさまざまなものを食べて生き延びてきた。
なかには体にそぐわないものや危ないものもあったろう。つまり、それらの食べ物から身を守って
きたのが胃酸というわけです。

現在の日本や欧米などの先進国のように衛生環境が整っている社会では、食べ物が安全なので
昔ほど胃で殺菌する必要がなくなっているため、胃酸の必要性は少なくなっていると考えられています。

衛生環境のあまりよくない国では役に立っていますが、先進国では胃酸が自分自身を攻撃する
デメリットの方が大きい場合もしばしばです。

 もともと胃は胃酸に粘膜が溶かされないようにかなり強固にできているという。
ところが、胃のそばにある十二指腸や食道は胃酸に強くない。
だから胃酸が上にいくと逆流性食道炎に、下にいけば十二指腸潰瘍になるというのです。
「胃酸の分泌を促すから」と悪者扱いされてきた
コーヒー以外の因子も含めて同時に解析
コーヒーの摂取による関連性は認められない
5年先、10年先の追跡調査も続ける
1日3~4杯程度であれば、コーヒーが悪い影響を及ぼすわけではないことがわかっています。
現代人特有のストレスを軽減するために、ほどほどの量のコーヒーを飲む。
これが正しい楽しみ方といえそうです。

2:http://coffee.ajca.or.jp/ :http://www.agf.co.jp/
:http://www.keycoffee.co.jp/ :http://www.ucc.jp/ :http://www.coffeeoligo.jp/

スポンサーリンク




この記事へのコメント