コーヒーと健康  隠れた脳出血を、コーヒーが予防 ?!

隠れた脳出血を、コーヒーが予防 自覚症状がないまま脳内で小さな出血が起きる「微小脳出血」。コーヒーを飲む男性にはこの発症が少ないというお話です。 脳梗塞と脳出血、くも膜下出血など脳の血管に障害が起きる脳卒中は、がん(悪性新生物)、心疾患、肺炎に次ぐ第4位の死亡原因となっている(脳卒中を含む脳血管疾患)  脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりすることによって脳細胞へ酸素や…

続きを読む



コーヒーと健康  ポリフェノールは脳卒中リスクを軽減する ?!

ポリフェノールは脳卒中リスクを軽減する コーヒーに含まれるポリフェノールが脳卒中の発症リスクを下げるかもしれない。脳の神経細胞を用いて行なった最新の研究のお話です。 脳血管障害は悪性新生物(がん)、心疾患に次ぐ、日本人の死因として代表的な疾患である。特に介護の要因となる疾患のため、高齢社会や生活習慣病の増加により患者数は増えている。  脳血管障害のことを一般的には脳卒中と呼ぶ。今回…

続きを読む



コーヒーと健康  パーキンソン病の発症を抑える可能性 !!

パーキンソン病の発症を抑える可能性 手足がこわばって震える、表情が乏しくなるなどの症状で知られるパーキンソン病。コーヒーには、この難病の発症を抑える物質が含まれている可能性がある。 パーキンソン病は、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ、アメリカの人気俳優マイケル・J・フォックスなど著名人も罹患した神経変性疾患の1つだ。  神経変性疾患とは、神経細胞が外傷など…

続きを読む



コーヒーと健康  血栓を溶かす力 !!

血栓を溶かす力  血管内部の出血を止めるためにできる血栓。メカニズムが狂うと心筋梗塞などを引き起こすが、コーヒーには血栓を溶かしやすくする働きがあるようです。 日本人の死因でもっとも多いのは悪性新生物(がん)で、第二位は心疾患だ。2013年は年間19万7000人が亡くなっている。第三位は肺炎。第四位が脳血管疾患で年間11万9000人が死亡している(数値は厚生労働省「平成25年人口動態…

続きを読む



コーヒーと健康 コーヒーが、脂肪肝を抑制 !!

毎日飲むコーヒーが、脂肪肝を抑制 運動不足でお腹まわりが気になるあなた。脂肪肝ではないだろうか? ところが、うれしいことにコーヒーを毎日飲むことで脂肪肝の発生を抑えられるという。 脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が多く蓄積された状態のことだ。肝臓に占める中性脂肪が全肝細胞の30%を超えて溜まった状態を脂肪肝と呼ぶ。健康な肝臓と脂肪肝の写真を見比べると一目瞭然だ。脂肪肝の白い部分は中性脂肪で…

続きを読む